2010年12月31日金曜日

2010年12月31日 大晦日

今年も、また1年が締めくくられようとしています。

長かったような、
忙しかったような。

沢山の出会い。
沢山のさまざまな仕事をいただいた。

へこんだりするときもあったし、
プクッとふくれたり、
怒ったり、
殻に閉じこもってしまう時もあった。

でも、そんなのは結構少しの間で、
なんだかんだ前向きでいられた気がする。

きっとそれは、前向きに未来を突き進もうとしている人と出会え、
共感し、時間を共有し、勇気をもらってきたからだと思う。

そして、どんな時でも一緒にいてくれた家族のお陰だと心から思える。

道を失いかけていた数年前から
毎日泣きそうな夜を迎えていたあの頃より、

確実に心が幸せだと言っている。

ちっちゃな幸せは本当に手のひらサイズで、
こんな微笑ましい毎日に気付けた2010年に、

心からありがとうを。

そして、支えていただいた皆様に

心から

ありがとう!

来年度ももっともっと人のために、沢山の笑顔のために、自分の笑顔のために、
愛ある人間として、生きていきたい。

みなさま、良いお年をお迎えください。ね!

2010年12月25日土曜日

メキシカンピンク x 深海ブルー


展示会場の壁を塗ってきました。

うおぉお。

やっぱこの色はメキシコよねー。

明日壁に一手間入れて完成させます。


お店は4F建てで、とっても細い螺旋階段は、味がある。

ワクワクしながら構想を3人で練り、結局最後にたどり着くのが、

どーする?!全部売れちゃったら?!

...ていう。笑

まぁー。気の早い。

2010年12月23日木曜日

家に帰ったら...


こーんなにも本が届いてた!!

ウキャ♡

テンション上がります。

展示会会場大掃除!at LACHAISE

今日は、待ちに待った展示会メンバーとの打ち合わせ&会場大掃除!


真っ青なブルーのドアは、展示会会場、ラシェーズさんの入り口。

カランカランというベルで扉を開けると、そこはリトルワールド。
小さくて細長い空間ににところ狭しとテーブルとイスが並べられている。

入り口には出来立てのスコーンにパンが並ぶ。
ここの子たち、全て絶品です!

しかも、こんなに可愛いのにオーナーは男の人っていう以外な感じもまた面白い。


おっとっと。

今日の任務はコチラです。

今回の展示会会場の大掃除!!

2Fは物置とかしており、今日は荷物の移動にホコリを落として、空間をどう使っていくかの入念な打ち合わせ。
ほぼ1日使いました。

この空間。

本当に良いです。

1F同様、細長い作りに奥には窓。
ちょっと日本の作りっぽくなくて、どこか外国の匂いがする空間です。

カスタムしがいがありそうです!
心が躍りました♫

これから搬入を少しずつして、壁も塗っちゃいます!!

たーのしみ♡


ふわとろチーズケーキが美味しいラシェーズさん。

近くに行ったら寄ってみてください。

うまーい♡
とろけるー♡

なスイーツにフワフワのカフェラテコーヒーは誰もが乙女になります。

女の子で良かったーなんで思える瞬間がここにはあります。


年始明けの展示会も乞うご期待!
会場のBefore&Afterもね。


LACHAISE cheese Cake and Cafe
【カフェラシェーズ】
岐阜市神田町6-16-2
open 12 〜 close 日が沈んだ頃
年末年始は29日以外営業

2010年12月21日火曜日

除夜の鐘に新年のご祈祷をします。

ゴーン。
皆様、大晦日の除夜の鐘はもう予定ありでしょうか。

今日はステキなお知らせです。

林陽寺では、毎年除夜の鐘を鳴らします。
しかも、参拝者の方に鳴らしていただいています。
運が良ければ、2回でも3回でも鳴らせてしまいます。

しかも、新年明けると一人一人に新年のご祈祷をしております。
とても、くどいですが、一人一人に。

こんな感じ。

贅沢...。(と思います。)
大きいお寺であればこんな事はほとんどない。(はず。)

恵比寿さまいます!(よ!商売繁盛!)
みかんあります!(美味しいよ!)
サクラもいるよ!(すでに関係ない。)


寺ムスメの せッ つッ じッ つッ なお願いです。
もう、一人で除夜の鐘を打ちたくありません。

姉と寒い中、一人5回ね、という感じで除夜の鐘をやっつけ仕事にしたくありません。

えぇーもう108回鳴らし終わっちゃったの?!
もっとぼく鐘打ちたかったー(子どもの設定です。)

という感じが憧れです。

お願いです。

どうか、豪雪になりませんように。

そして皆様、予定に入れてください。


除夜の鐘に新年のご祈祷の時間
23時45分〜1時30分頃まで
at 林陽寺
http://rinyouji.com/

家族で忘年会

ちょこっと早いけど、日曜日は家族で忘年会。

今日はちょぴっとシャレオツな父親。
ポロシャツに首元にはスカーフが。

「おぉ!珍しく乙だね〜。」
と私が首元を覗いたら...

なんとスカーフがネクタイ結びになってた!!
しかも、かっちりと。

いや、別に悪くはない。
でも、別にネクタイ結びじゃなくてもよくないか〜

と言ったら、

「うむ。他にやり方がわからんのや。」
とな。

ははは。

でも、ちょっとお洒落に気を配った父親に娘はちょっと嬉しかったりするのだ。


せっかくの忘年会なので、
「今年の反省、来年の抱負」
とやらを一人ずつ話してみる。


こうやって一人ずつ聞いて行くと、案外知らないところで頑張ってるんやな、とか思う。

うちは3姉妹だけど、みんな性格が見事にバラバラで、本当に違う。

その中で、2番目の姉はしっかり者で、家計簿をちゃんと付ける。

私、つけたことない。

そんな姉は、私には趣味がない。
でも、家計簿つけてると1円たりとも足りないとすごく嫌で、たまに私は家計簿がつけるのが趣味なのでは?!

と思ったり、

洗濯干すのが好きらしく、洗濯を干していると、私洗濯干すのが趣味かも?!
と思ったりするらしい。

私とは正反対なお姉さん。

はっきり言って、うちの姉は可愛い。
妹からみても、とても可愛らしい。

たまに、嫁に出してしまったことを後悔してしまうほどだ。


家族で今年も忘年会ができたことに感謝。

『ペドロ・パラモ』フアン・ルルホ

ストーリー
「コマラに行って、私たちを捨てた父、ペドロ・パラモに会いなさい。」死の床で母がファン・プレシアドに残した言葉。しかし、顔も知らない父を探して辿り着いた町コマラは、荒れ果てたとうもろこし畑に、かつてそこに生きた人たちの追憶や溜め息がささめく、死者の町だった。八月の熱い風がすえた臭いを放つ。野心に満ちたペドロ・パラモは、悪知恵と女をたらしこむ強引な魅力で、地主に這い上がっていく。しかし彼が唯一清らかに思い続けた幼なじみのスサナは、気がふれて逝ってしまう。ファンの異母兄弟ミゲルは、放蕩息子で殺人を犯し、その報いか事故で死ぬ。もう一人の義兄弟アブンディオは、貧しさのため妻子を無くし借金を断ったペドロ・パラモを父とも知らず殺す。彼らを贖罪することができない神父レンテリアは、銃を持ちゲリラとなって革命に身を投じる。
荒涼としたメキシコの大地に木霊する死者たちの無数の声。作曲家エストラーダは、原作者ルルフォの音と沈黙のコンセプトを研究し、人々の悲哀と嘆きと憤怒のささめきを、声にならない音として観客の心に響かせる。砕け落ちた音の破片は、出口のない社会の暗部に生きる人々の不安と恐れに呻く心の声や、人間の深層に宿る孤独や希望を、同時代として焙り出している。

========================
フリオ・エストラーダ・アンサンブル
メキシコ現代オペラ「原野のささめき」

—ペドロ・パラモを探して辿り着いた町。
しかしそこは、秘やかなささめきに包まれた
死者ばかりの町だった・・・・・・

メキシコ文学の金字塔、ファン・ルルフォ原作「ペドロ・パラモ」を、
現代音楽の巨匠フリオ・エストラーダが15年の歳月をかけてオペラ化。
原野にこだまする魂の声を、見事に音楽と視覚で表現した傑作。

舞台はメキシコ革命前夜。破滅に向かう人々の声にならない声が
充満する失楽園、コマラ。
生者と死者、愛と罪、現在と過去を行き交う時間は円環をなし、
神話のように世界を包む。
=================

日程:2010年12月21日(火)19:30開演
 22日(水)19:30開演
 23日(木・祝)14:00開演
於:スパイラルホール(地下鉄表参道下車B1,B3出口すぐ)
料金:全席自由 一般(前売:\5,500 当日\6,000)
              学生(前売・当日:\3,000)

======
NPO法人 魁文舎 花光潤子
KAIBUNSHA, Junko Hanamitsu

〒103-0022
東京都中央区日本橋室町1-9-9コダマビル5F
tel 03-3275-0220 / fax 03-3275-0221
Mail: info@kaibunsha.net
HP: http://www.kaibunsha.net

学生時代に好きだった作家。
彼の故郷は石畳の町で、セピアの似合う町だった。
砂っぽくて、乾いた風が隙間を通っていくような。

観に行けないけど、それが日本で、しかもオペラで公演されるなんて。

また読み返したくなりました。

2010年12月18日土曜日

27歳になりました。そして、報告です!


寺ムスメ、憧れの年になりました。
10年前の17歳、セブンティーンと胸高鳴ったあの日から、10年。

とても楽しみにしていた歳が始まりました。

ちょこっとお姉さんになった気分です。

たーーくさんの笑顔と
清々しい空気と
穏やかな光の中で

「日々是好日」
毎日を自分らしく過ごして行きたいです。
少し、歳を重ねるのが好きになった気がします。


手と手を合わせた手のひらに幸せの宇宙がある。
日々の小さな幸せを大事にしていきたいです。

今日はお母さんに『ありがとう』を言いました。
やっぱり照れるね。


そして、報告。

寺ムスメ、メキシコ民芸品の展示即売会をします。

今年の5月にメキシコシティーで遭遇したフライトキャンセルで出会った縁が、縁を呼んで、素晴らしい人たちとすてきな展示会が実現しました。

溢れんばかりの太陽の光。
はるか遠くで営まれるヒトの暮らしを彩るものたち。

年明けの寒さを温かいカラーで包んで行きたいと思います。

カラフルに!パワフルに!
みなさんの心にお届けしたいな。



Le couleur du soleil -太陽の色-

アフリカ x メキシコから贈る太陽の色

アフリカ布・小物 シアバター石鹸 メキシコ手拭きガラス・陶器

2011.01.08 sat.〜2011.01.16 sun at LACHAISE

岐阜市神田町6-16-2.2F

2010年12月16日木曜日

かっこつけマン

今日の私はちょっとかっこわるい、

『かっこつけマン』



人の話を聞くのってたまに難しい。

自分の話をするのはあんなに簡単なのに。


何て言っていいかわからない時ってある。


そんな時に、
かっこつけて自分の体験とか経験から話をしてしまうと、
なんだか私は上のような人な気がして、

かっこわるって思う。


どうしたらいいのかなって、たまに思う。

話を聞いてあげる?
時間を共有してあげる?

言葉がでてこないなら、無理に言葉に出す必要は本当はないのかな。
ただ、時間を共有して思いを聞いてあげたいとは思う。


自分だったらどうなんだろう。

どうなんだろ。


今日の私は、ちょっとかっこわるい、
『かっこつけマン』

2010年12月12日日曜日

¡¡Muchas cosas!!

毎日とっても忙しいです!
さすが師匠も走っちゃう師走!

寺ムスメ元気です!!

昨日のヨガは初めて母親も参加。
少し緊張しました。

でも、気持ちよさが伝わったら、そんな気持ちで伸び伸び〜とした声で楽しみました。

夜にはアフガニスタンの戦争と平和講演。
5ヶ月間に渡って拉致され9月に解放されて戻ってきた、ジャーナリスト常岡浩介さんのアフガニスタンの現状話を聴きに。

内容はピンポイントに気になるテーマでした。

日本メディアの情報規制になかなか理解ができない異国の地の現状。
その中で日本の立場、自分たちの税金4500億円がどう使われているのか。

外務省が提示している内容は真実と異なる理由。

かなりリアリティーたっぷりで、自分の視野を広げる上でとてもタメになりました。

海外の感覚を身に付けたまま国際状況を見れているのはさすが国際ジャーナリストだなと思いました。

いつも日本で起こること、報道されていること、その全てを真に受けたくありません。
色んな目線、色んな考えを、様々な角度から見れる力を養いたいと思っています。

時事問題、いつもとても興味があります。


そして、今日は朝から沢山の方に朝坐禅に来ていただきました。

お子さん連れの親子に、岐阜の町起こしをしているとってもディープな若旦那たちも。

友人からのお礼の言葉に、
『人との出会いはとても刺激となり、その場を繋げるお寺の役割はとても大切だと思いました。』と。

...ぽっ♡

これからも、頑張ります!
町起こし!
寺起こし!

自分たちが住む町だもん。

住むなら楽しい方が良い!!

ワクワクした方が良い!!


今日のスペイン語
¡Muchas cosas!(ムーチャス コサス)... いーろんな事!

風邪が流行っていますね。
寺ムスメも楽しい師走を寝て過ごしたくありません!
毎日マスク付けてます!
けっして口が裂けてるわけじゃないですよ!!
(...あ、これは言いたいだけです。テへ。)

予防しましょうね!

fin.

2010年12月6日月曜日

ゼラニウム


『大事にされたい』
大事にされたいなら、まずはあなたが人を大事にすること。


思いやり 寛大さ そして謙虚さ。


時に自分ばかりが先に出てしまう時。
自分ばかりが走ってしまう時。
今できることばかりを考えてしまう時。

周りに支えられていることを忘れてしまっている時。

あ、

たくさんの大事は今もこの瞬間にある。

ありがとう。
ごちそうさま。
感謝の言葉はいつもお口にくっつけておかないとね。

それは、対人 対事柄 対自分

全部にあてはまるね。


大好きなゼラニウムの香りに包まれて。

2010年12月5日日曜日

さくら。


今年生まれた子の名前、女の子の人気は『さくら』

うちのサクラ嬢は今年で3歳だったけど、
なんか名誉な気分ね。(いや、単に飼い主の自己マンですがね。)

しだれ桜のお寺の看板ムスメ、さくらちゃん。
(あら、どこかで聞いたことのあるセリフ。)

これからも皆様の癒し犬となるよう努めてまいります。

お寺に来たら可愛がってあげてくださいね。

最近のマイブームはユンボを見たら吠えまくること。
皆様には吠えません。(番犬なんですがね〜)

得意技は後ろのスナフキンと毛布を噛んで噛んで噛みまくってボロボロにすることです。
(いや、べつにストレスとかってわけじゃない...ハズです。)

夢は和尚さんの横でお経のお手伝いができるようになることです。
ポンポンポンと太鼓を叩く練習に日々汗を流します。

(...してませんけどね。あくまで飼い主の自己マンです。)

和尚さん大好きです。
寺ムスメは同等です。
やや、最近下になりつつあります。

そんな愛されサクラです。

2010年12月4日土曜日

La publicidad.

今月のチラシ


くるりん


師走だから、頭をリセット。

今日のスペイン語
La publicidad(ラ プブリシダッ)...チラシ

2010年12月3日金曜日

「聖なる怪物たち」シルヴィ・ギエム&アクラム・カーン・カンパニー



先生に教えてもらってから、何回観ただろう。

しなやかで、つま先まで魂が通っていて、

人間の体とはこんなに美しいものなのか、

一本の糸が互いの体をつなげて、

人とは思えない。

なんて気持ちよさそうに身体を動かすんだろう。

お互いの血が通っているみたい。

それは、とても美しい。

身体の内に眼を向けていると、不思議と自分の身体は自分の身体ではないように感じることがある。

そして、身体の部分部分はバラバラのようで繋がっているのがわかる。

そして、とてつもなくその身体に愛着を感じるときがある。

身体とは正直で、とても美しいものだと感じる。

共にダンス界とバレエ界の巨匠たち。

無駄がそぎ落とされて、まるで風の切り方を知っているかのよう。

怪物。

2010年11月28日日曜日

12月のワンコイン修行

the 寺起こし企画
12月の行事・イベント情報
ワンコイン修行
忙しい毎日に疲れたらコイン一枚持って出かけてみませんか。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
12月11日(Sat.)
朝ヨガ
9時〜10時
林陽寺本堂
500円
☆ヨガマット又は大きめバスタオル持参。
終わり次第茶話会は参加自由。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
12月12日(Sun.)
坐禅
9時〜10時
林陽寺本堂
100円 (お賽銭代)
☆動きやすい服装。スカート不可。
初めての方は8時45を目安にお越し下さい。
足や腰が痛い方はイス坐禅もできます。
ご希望の方はお申し出ください。
終わり次第茶話会は参加自由。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
12月25日(Sat.)
写経
10時〜11時30分
林陽寺本堂
500円 (納経代・道具一式・お賽銭代含む)
☆手ぶらでも参加できます。愛用の筆などはご自由にお持ちください。
終わり次第茶話会は参加自由。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

お問い合わせとご質問は...
ご不明な点や初めての参加で不安な点などはこちらまで。
y.iwamizu@gmail.com
基本的に予約は不要ですが、場所の確保のため事前にお問い合わせ頂ければ幸いです。

夜坐(ヤザ)+チベット仏教のドキュメンタリードラマ上映会レポ

昨夜の夜坐(ヤザ)とても良い雰囲気の中行われました。

参加者も多くて寺ムスメも住職もびっくり。
嬉しい限りです。

特に、若者が多くて若者が関心を抱いて参加してくれてるって、とても嬉しい気持ちになります。

住職も、実は気合い入っていたんですよ。

夜坐とは、単に夜座るから夜坐というわけではありません。

きちんとした雲水の修行の一種です。
通常の坐禅は長いお線香が燃え尽きる45分、座ります。

が、

夜坐は45分を2回です。

でも、さすがにそこまでは座りません。
それに夜坐は雲水が自分の時間を持った時に自分を見つめる為に行う修行。
林陽寺の夜坐は、そこをポイントにしていると思っています。


薄暗い中で心身を落ち着かせ、ただ座ります。
少しだけ仏教の座り方に乗っ取って。


それでも、足がしびれてくると頭の中は、

まだか。
まだかーー。
まだかーーー。

。。。足がもげそうだ。

といっぱいいっぱいになります。(注:寺ムスメはですよ。)

そうすると、和尚さんに警策(きょうさく)を入れられるんです。

「考えを捨てよ。考えを追うな。」

そう伝えられます。

そう努めようとするのに、妄想は止まらず、

頭の蓋をパカッと開けて妄想の袋を空っぽにしようとする図が出てくるんです。

いやいや、おちょくってる場合じゃないのに。


参ったもんです。

来年は集中力を高める努力をしたいです。

でも、たくさんの人と座るって気持ちいい。

やはり、一人よりも大勢で。ですね。
その後の上映会。

実は寺ムスメ、これ初めて観たときは恥ずかしながら難しすぎて寝てしまいました。苦笑

でも今回2回目観てみたら、意外とチベット仏教の奥深さが見えて、あ〜なるほど!この考えは日本の仏教と似ているんじゃないのか?と思えることが多かったです。

宗教学者が脚本し、世界の歴史を垣間見ながらチベット仏教が与えてきたもの、生きること、死ぬこと、輪廻転生、人間の思想、人生についての知恵を深める。

内容的には盛りだくさんで、つまみつまみ、何かを自分の中で感じていただけたら。

と住職が申し上げていました。

次回の夜坐は年明けの1月22日(土)です。

2010年11月22日月曜日

ぶれない人たち。

何かが物足りない。
そうだ、京都へ行こう。
ココロの栄養補給は決まってこの地。


まずは美容院へ行って、髪を切る。
いつも変わらないでいるAtelier FOOのFOOさん。

表通りは美容院の激戦区なのに、裏通りのマンションの一階でひっそりと美容院をしています。

奇抜なスタイルや無理な注文は受けてくれない。
その人がしたいスタイルも雰囲気に合っていなければ却下。

今の気分
雰囲気
声質
首の形

トータルに見ながらシンプルにカットだけのスタイリング。

もの静かで柔らかくて、いつもパリッとした白いシャツにベージュのパンツが定番。

変わらないでいることって大変なのに、いつも自分の信念(軸)みたいなのがFOOさんには見える。だから、好き。

私のカットの魔術師さん。
そして、何かひとつのモノを自分のスタイルで貫いている尊敬できる人の一人です。


そしてラテンダンスの先生の下へ。

会う前は決まってドキドキする。

先生と出会ったのは、8年くらい前。

私は京都でずっと、この先生の背中を見てきた。

あまり口数は多くない。
けど、先生の内なるパワーとか魅力とかは言葉では表現できないほど私にはしっくりきて、見て盗めと思っていた。

しかも練習休むととても恐い。
怒られるわけじゃないからほんとに恐い。
そのくらいプロ意識が高い。

ラテンダンスを通して体づくりの大切さを学んだ。

肉体を鍛えることが精神を鍛える。

その言葉は本当だとココにいて思った。

ヨガの免許をとって、人の体を触るようになって、もっと体の勉強も必要だと感じた。

私の体だけの問題ではなくなったから。


「私は変わっちゃいけない。
たくさんの責任ができたから。
信念を思い、自分を信じ、やり続けることが大変だけど、大切だね。」

口数の少ない先生が、言ってた。

ダンサーであり、スタジオの経営者であり、妻であり、女である先生も、自分の夢をその時その時の状況に合わせながら太くなったり細くなったり、パイプを閉ざさずにきた。

緊張する先生がいるって良いことやな、って思う。

そして、また頑張ろうって背中を押される。

だから、自分に問うときがあると、私はココに来る。

栄養チャージ、満タン。


Atelier FOO
tel: 075-314-0933 (完全予約制)
京都府京都市右京区西院 坤町74-1

岩田ラテンダンス研究所
http://salsanino.com/

2010年11月14日日曜日

Poco a poco

昨日はヨガ、今日は坐禅。

少しずつですが、訪れていただいている方たちが増えています。

どこどこで聞いてきたんです。
どこどこで広告を見て。

ありがとうございます。

人に活かされるお寺でいたいです。

次回は11月27日(Sat.)写経の会10時〜11時30分/夜坐+チベットドキュメンタリー上映会20時〜22時

寒くなってきました。
温かい格好でいらしてくださいね。


今日のスペイン語
Poco a poco (ポコアポコ)...少しずつ

2010年11月13日土曜日

『日々是好日』

『にちにちこれこうじつ』

今日は今日。

明日は明日。

今日は晴れ。

明日は雨。

今日は元気。

明日はどんなだろ?


毎日同じようで昨日も今日も明日もちょっと違う。

今日という日を大切にしよう。

毎日を自分らしく。


すてきな禅の言葉です。

2010年11月7日日曜日

Sing Sing Sing

晴天のお天気の今日、ヨガの後に新しい事をしてきたんです。

えぇ、1週間前に偶然見つけてしまったペアダンスレッスン。

見つけてしまった時の胸の高鳴りようはハンパなかったんです。

えぇ、1人ガラス張りのレッスンを顔見してましたから。

このペアダンスのレッスン風景が懐かしすぎて、しかも岐阜でやっているなんて、どうしよう、これは突撃するべきか、本気で悩んだ数分間。
しかし、一緒にいた友人は先をすでに歩いて置いてかれてたし、レッスンを中断させるのは大人じゃない。

そうだ、ここは我慢だ寺ムスメ。
後日行けばいいじゃないか。(頭の中ではすでに翌日のスケジュールになってたけど。)

ここは大人になろう、寺ムスメ。
と自分に言い聞かせ、高鳴りを胸にしまいつつ、帰宅後速攻ネット検索。

結局翌日は行けなかったけど、頭からあのレッスン風景が忘れれなくて、後日お店に突撃。

えぇ、寺ムスメ、気になったらしつこいんです。
とことん行きます。攻めます。

イノシシ年の射手座ですから。(関係あるのか?!)

で、行って来た今日のレッスン。
私、最初見たときはラテンのジャイブかと思ったんですが、実はSwingだったんです。

初Swing挑戦。
こんな感じ↓



はい、とってもアクロバティック。

ちょいビビりました。
顔には出しませんでしたが。

初心者レッスンだったので、こんなにもは行きませんでしたが、はい、いつかこんなのを目指している感じでした。

う〜ん。
アクロバティック。

これが感想。笑

でも、ペア特有のコネクションの使い方とか、リーダー主体(要は男性ですね)の要素はラテンダンスとそっくりで入りやすかったです。

こんなアクロバティックだったら、女性はかなりの腹筋や手の筋肉使うから、体は締まるかもね。

でも、なによりダンス好きが集まっている感じはとっても嬉しかったです♫



Swingといえば名曲Sing Sing Sing!

私はボブ・フォッシーのこんなスタイルが好きだな。

セクシーでかっこ良くてキレイだけど、コミカルも忘れてない。
はぁ〜惚れ惚れ。



そしてバーンザフロアの同じ曲のSwing!
女の子の歌がとってもキュート!
コミカルなSwingダンスは楽しさが伝わってくるね。



あ〜やっぱダンス大好き。
今日ダンスしてきたのにな〜。
すでにウズウズ。

2010年11月4日木曜日

学べる 楽しめる 心の寄り所になる

「お母さん、お寺って何を目標にしてったらいいんやろうね。」

ずいぶん前のある晩、私は母親になんとなく聞いたんだ。

そしたら母親は、

「学べて、楽しめて、心の寄り所になる。」

こう答えた。

『イオンが葬儀業へ本格的に乗り出した』

こんな記事を今日読んだ。

新たなサービスの陰には必ず消費者のニーズがある。
この騒動の背後には寺に対する檀信徒の不信感と国民の「寺離れ」がある。
型どおりの経をあげてくれればお坊さんは誰でもいい。

信教の自由が国民にある以上、国民の「寺離れ」を強制的に食い止めることはできない。

唯一の救いは、進んでいるのは「寺離れ」であって「仏教離れ」ではない点。

国宝阿修羅展が盛況を極め、四国八十八カ所巡りが根強い人気を保っていることは仏教が国民に深く根強いている証拠。

”こだわりを捨てよ”
”欲少なくして足すを知る”
仏教の基本的思想は、競争心を煽る現代社会において、傷ついた人の心を癒し、絶望の淵をから人間を救う力を持っている。

寺にとって葬儀だけが布教活動ではないのだ。

以上、私がマーカーで真っ赤に染めた箇所。



考えさせられました。

私には勉強することがまだまだ沢山ありすぎてわからないことばかりだけど、

イチ、ココに生まれた人間として、

ただ
ただ

考えます。

2010年11月3日水曜日

NHKチベット仏教ドキュメンタリー上映会

11月の第四土曜日。
夜坐の後に、今月は一本のドキュメンタリーを上映します。


チベット仏教に関する死後の世界の考え方。


内容は当日自分で感じ取ってみてください。


『夜坐+チベット仏教ドキュメンタリー上映』
日時:11月27日(土)
時間:夜坐 20時〜21時 300円
   ドキュメンタリー番組 21時〜22時


お問い合わせやご質問は...
ご不明な点や初めての参加で不明な点などはこちらまで。
y.iwamizu@gmail.com
基本的に予約は不要ですが、場所の確保のため事前にお問い合わせ頂ければ幸いです。

2010年11月2日火曜日

今月の行事・イベント情報

the 寺起こし企画
11月の行事・イベント情報
ワンコイン修行
忙しい毎日に疲れたらコイン一枚持って出かけてみませんか。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
11月13日(Sat.)
朝ヨガ
9時〜10時
林陽寺本堂
500円
☆ヨガマット又は大きめバスタオル持参。
終わり次第茶話会は参加自由。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
11月14日(Sun.)
坐禅
15時〜16時
林陽寺本堂
100円 (お賽銭代)
☆いつもより時間が変更になっています。
ご注意ください。
動きやすい服装。スカート不可。
初めての方は14時45を目安にお越し下さい。
足や腰が痛い方はイス坐禅もできます。
ご希望の方はお申し出ください。
終わり次第茶話会は参加自由。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
11月27日(Sat.)
写経
10時〜11時30分
林陽寺本堂
500円 (納経代・道具一式・お賽銭代含む)
☆手ぶらでも参加できます。愛用の筆などはご自由にお持ちください。
終わり次第茶話会は参加自由。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
11月27日(Sat.)
夜坐
20時〜21時
林陽寺本堂
300円 (お賽銭代含む)
☆動きやすい服装。スカート不可。
足や腰が痛い方はイス坐禅もできます。
終わり次第茶話会は参加自由。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
夜坐後
『NHKチベット仏教ドキュメンタリー』を上映
21時〜22時
林陽寺本堂
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
お問い合わせとご質問は...
ご不明な点や初めての参加で不安な点などはこちらまで。
y.iwamizu@gmail.com
基本的に予約は不要ですが、場所の確保のため事前にお問い合わせ頂ければ幸いです。

2010年10月30日土曜日

Lotus x JalanJalan



寝る前のYogaソング。
ふと気になって調べてみたら、フランスの映画に使われてた。
『ドラゴンハンター』
地球上に危険なドラゴン種が増殖してる。
羊を食い荒らし、
農作物を枯らし、木々で鼻をかむのだ。
『ドラゴンハンター』
彼らは人類をドラゴンたちから守る。
目的はたったひとつ。
自分たちの小さな農園を守りたいのだ。

瞑想モードを裏切らないファンタジー感。
カッコいいやないの。
今度観てみよ。

これ、
寝る前やストレッチの時に目を閉じて聴いてみて。

2010年10月26日火曜日

メキシコ映画『Las buenas hierbas (Good Herbs)』



この映画、今すごく見たい。

2010年メキシコグアダラハラ映画祭で多くの賞を受賞した作品。
すごくキレイな女優さんが出てるとかそんなんじゃないけど、登場する女性がとても生き生きしていて、メキシコの日常をアートに映し出してる。

そして、この音楽がとてもツボです。

観たいなー観たいなー。
まだメキシコ国内でしかロードショーしてないみたい。
誰かメキシコから持ってきてくれないかなー。
youtuveでは限界が。

メキシコ映画とか、ラテンアメリカ映画はいつ観てもはまる。

どこかノスタルジックでカスんだ感が妙にお洒落だと思う。

2010年10月24日日曜日

エンターテイメントはいい。

ポップサーカスがやって来た。

可愛いチリ人ハーフの教え子のパパがやっています。

メキシコ人ハーフのお友達と、ペコちゃんみたいに今にもほっぺたが落ちそうなカミラちゃんと鑑賞。
エンターテイメントはいい。

夢がある。

秋だし、読書欲や美術館欲が高まっている。

ダンスもしたい。
体を使って踊りたい。
感性を刺激したい。

そんな秋です。

エンターテイメントはなりたい自分を引き出してくれる。

出かけよう、秋。

2010年10月10日日曜日

食べてもまた腹は減るぞ

秋晴れ!!
気持ちのいい光です。

今日も坐禅が終わりました。

朝、まだ雨でぬれていた庭を一生懸命サクラの葉っぱの掃除をしてたんだけど、雨で葉っぱがくっついてなかなかとれない。

たまにA型的性格がでて、葉っぱが残っているとすごくイヤ。

でも、掃いた後にはらりはらりと葉っぱが落ちてくる!!

『もう!!落ちるなら一気に落ちてよ!!』

と、心の中で叫んでいたら、ふと思い出した。


先日、お坊さんで芥川賞をとった、玄侑宗久さんのお話を聞きにいった時。

子どもの頃、玄侑さんは毎朝本堂をぞうきんがけしないといけなかったとか。


ある朝、おじいさん和尚に

「もっとしっかりやれ。」

と怒られたそうな。

玄侑さんは、

「拭いても拭いてもまた汚くなるわ!」

と言い返したそう。


おじいさん和尚はそのまま黙ったらしい。

その後、ご飯を食べようと席についたら、おじいさん和尚が、


「なんや、食べるのか。」

「食べてもまた腹は減るぞ。」


と言われたそう。


あーなるほどなぁ。
と思いました。

何事も一気には終わらないんだね。
人間とはなんともワガママな生き物ね。

生きとしいくもの。
全てに "命" がある。
毎日のその一手間が ”命” につながるんだな。

そう思ったのを思い出して、サクラも仕方ないよな、とサクラちゃんを見上げたのでした。

2010年10月9日土曜日

ブックパッカーのお誘い


郡上八幡のお友達、ito-projectさんの企画です。

共通の知り合いを通して東京で知り合い、地元が一緒ということで話が盛り上がり、建築事務所を勤務後、昨年故郷・郡上八幡に戻ってきた。

印刷工場の家業を手伝いながら、印刷工場で出るミスや余り生地を雑貨にリメイクしている。雑貨を用いた出張カフェも運営中。

色んな共通点や共通意識があって、いつも励まされる。

彼女の柔らかい笑顔は癒されるし、手作りの中に心を込めて新しい命を吹き込まれた雑貨がとても温かく感じる。

街に暮らす人たちが心豊かに楽しく暮らせるように。

そんな思いがカタチとなって、ito-project初イベントが10月31日に古今伝授の里フィールドミュージアム篠脇山荘(郡上八幡)で開催されます。


「ブックパッカー」
参加者がそれぞれ好きな本を持ち寄る。
そして 好きなように話す。

人にはキラリと光る瞬間がある。
その時って人が自分を生きている時。

本を通して自分をいつの間にか表現している、そんな視点に魅了され人のキラリとしている瞬間を共有する。

本を通してその人を知る。

長野県松本市からお越しになるブックパッカーさんと、ito-projectさんの珈琲と秋のスイーツをいただきながら、キラリと光る瞬間を楽しんでみては。

詳しくはコチラから↓

ito-project blog
http://www.musublog.jp/blog/itoproject/?site_id=musublog.jp

ブックパッカー

シトシト雨降り

 体がポカポカ。
ヨガしたら、お腹が空きました。
何食べようかな。

参加いただいた方から手作りシフォンケーキをいただいて、嬉しかった〜美味しかった〜
黒糖シフォンケーキ。
今日は男性の参加が2名も。
ありがとうございます。

明日は坐禅があります。
時間は9時−10時。

そして、広告をくるっとひっくり返したら、


10月23日は夜坐(ヤザ)です。

いつも動きっぱなしのアナタへ。

えっ?
わたし?

はい、よく動いている寺ムスメにもぴったりです。

こんなシトシト雨降りの日はボサノバ〜な気分です。

素敵な週末を!
Have a good weekend!
¡Que tengas buen fin de semana!

2010年10月3日日曜日

今月の行事・イベント情報

the 寺起こし企画
10月の行事・イベント情報
ワンコイン修行
忙しい毎日に疲れたらコイン一枚持って出かけてみませんか。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
10月9日(Sat.)
朝ヨガ
9時〜10時
林陽寺本堂
500円
☆経験者対象・ヨガマット又は大きめバスタオル持参。
終わり次第茶話会は参加自由。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
10月10日(Sun.)
坐禅
9時〜10時
林陽寺本堂
100円 (お賽銭代)
☆動きやすい服装。スカート不可。
初めての方は8時45を目安にお越し下さい。
足や腰が痛い方はイス坐禅もできます。
終わり次第茶話会は参加自由。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
10月23日(Sat.)
写経
10時〜11時30分
林陽寺本堂
500円 (納経代・道具一式・お賽銭代含む)
☆手ぶらでも参加できます。愛用の筆などはご自由にお持ちください。
終わり次第茶話会は参加自由。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
10月23日(Sat.)
夜坐
20時〜21時
林陽寺本堂
300円 (お賽銭代含む)

☆動きやすい服装。スカート不可。
足や腰が痛い方はイス坐禅もできます。
終わり次第茶話会は参加自由。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
お問い合わせとご質問は...
ご不明な点や初めての参加で不安な点などはこちらまで。
y.iwamizu@gmail.com
基本的に予約は不要ですが、場所の確保のため事前にお問い合わせ頂ければ幸いです。

市民運動会

本日市民運動会。

地区から若者でかり出されてました。

競技はお手玉投げ入れ!!

結果、第2位!!

只今同点!!

良いね。運動会って。秋だ。

なんかワクワクしたわ。

ちなみに、寺ムスメお手玉1個入れたよ。
走るのはランニングのお陰で軽快だったよ。

地区貢献!!

2010年9月27日月曜日

自転車 日本一周中

そして、今回の夜坐に興味深い人のご参加が。

お昼間、お天気が良かったのでチャリンコで岐阜城下をチャリチャリしていたら、背中にギターをしょった人が目の前を横断。

背中のギターには、

「自転車 日本一周中」

なに?
この人、なに?

私の心はそうつぶやいていたんですが、面白い人が岐阜にもいるのね〜と私もスル〜。
それよりパンクしかけのチャリンコをお友達のお家まで行って空気入れてもらうのが先で。笑

まぁ、2回目にもし会ったら話しかけてみよう!
まぁー会うはずもない!

と思ってたんです。

しかもその日は目的地が向かった先と違ってて、大変な遠回りをその後するはめに。

そんなこんなで、岐阜駅へチャリンコを帰りにピックアップしに。

そしたら、
なんとなく上のロータリー歩いて帰ろーと思って歩いていたら、

駅前でギター弾いてる人がいるじゃないですか。

しかも、お昼に見た人じゃない?

背中の文字を確認し、

あら、会ってもうた。

これはもうご縁ね。声をかけるしかないわ。

ということで、ナンパです。笑

「今日の夜、何してます?
坐禅やるんでよかったら来てください。」

来れるでしょ?みたいな半ば強制的。笑

彼も、
「じゃ、行きます!」

と、とってもフットワーク軽い。
いいね、こんな感じ。

そんな思いもよらぬ出会いに、登場してくれたのが、こちら。


深町エンジさん。
山形出身で、4月に自転車で日本一周をスタート。
東北をぐるっと周り、日本海を下って現在16県目。
本職人ということで、自身で制作・出版している本を各県で弾き語りでPR活動しながら売っているのかな。

真っ黒に日焼けして、毎日100km以上走るそう。


そんなわけで、住職も興味津々。
和尚さんのちょっとやってみてよ、の一言で弾き語りスタート。

参加してくれた郡上のお友達もコラボしちゃったり。

弾き始めると、深町さんのもっている世界観が垣間見えて。
私変な人連れてきてなかった!(失礼...)
と心で確認しました。(あー失礼...)


そのまま彼は本堂で一夜を過ごされました。

「屋根があって風をしのげる寝床ほど安心できるものはない。」と。

そうだろうね〜。

翌朝も庭掃除を手伝ってくて、朝一の弾き語り聴いて、そのまま彼は岐阜の北のほうへ旅立っていきました。

世の中には本当に色んな人がいるね。
豊かな社会になって、考えも価値観も多様化してきて、”じぶん”という存在価値を求める人が多くなったっていう。私もその一人だと思うから、彼のしていること、考えていることとか、なんとなくわかって、思いを共有できる部分もあるなと感じた。

豊かな社会の中で生まれた私たちだから、きっと生きていくのに必死だった世代にしてみたら、なにを生意気にって思われるかもしれない。

でも、だから迷うの。選択肢がたくさんあって。
自分は何ができるんだって。

世の中生き甲斐を求めている人たちは豊かになりすぎた生活の代償として生まれてきたのかな。

でも、だからこそ、自分のできる可能性をも求めるし、自分の足下をも見ようとする。長い迷路とも感じるけど、今のここ(きっとどこでも同じ)にいると当たり前に思う思いだと思う。なんで、どうして、そんなハテナを少しづつカタチにしたら、これからの自分、延長線上にある日本のチカラになるんじゃないかな。(でかいなー。)

と、なんとなく熱くなってしまった。

でも、だから、こんな風に外の風に当たってる人は自然と応援したくなる。

深町さん、無事旅を終えてくださいね。

また、いつかお逢いしましょう!

深町エイジさんの旅経過ブログ
http://ameblo.jp/revoltbooks

夜坐報告

先週土曜に行なった夜坐の報告を。

感想は、

とても良かった!!

本堂中央の明かりとロウソクの光の空間の中、一時間、20分を2回に分け座った。

静寂な空気の中、和尚さんのお経はとても耳に心に頭に響くというか、波動する感じ。

「思いを追わない」

これが坐禅での教え。

無心。

調息。
息を整え、

調心。
心を整え、

調体。
体を整える。

朝の坐禅とはまた違って、一日動いた後の坐禅は、頭が一日の動きでハイになっている状態をクリアにさせてもらったと後で参加いただいた方からお話を受けました。

私自身、いつもは住職の動きに大丈夫か?!とか、時間配分大丈夫?!となんか、主催者側の変な思いにとらわれてしまっていたので、今日は何も思わず坐禅をしようと思ったら、思いのほか、とても良かった!!

参加いただいた方のブログにも載せていただいたので、写真はそちらで見てください↓
http://www.musublog.jp/blog/ikuzo

これはちょっと続けてみたいです。

2010年9月26日日曜日

朝市マルシェ

おはようございます。

朝起きたら眠気顔のまま、速攻ランニング。
最近習得したい習慣です。

日曜日は家の前にある朝市。
最近はやりの ”マルシェ” ってやつです。

ここでは、もっぱら ”朝市” がお似合い。

朝からおばちゃんとご挨拶。

「おはようございまーす。」

今日の朝一さくらとランニングのメッケもん。

朝日に浴びる秋雑草。

今日も素敵な1日を。

¡Que tengas buen día!
ケ テンガス ブエン ディア

2010年9月25日土曜日

NEWS 156


岐阜には有名(?)な国道があります。
156号線。

略して”イチコロ” 笑

地元ッ子には親しみある言葉。

お寺もイチコロのすぐ近く。
今回は、NEWS156というイチコロ沿いで活動する色んな活動家のNEWSを掲載している地元紙に夏休み子ども禅のつどいを掲載していただけました。

本堂に置いておくので、よかったら見てくださいね。

朝ヨガ終わりました。


気持ちが良〜いお天気にも恵まれて、本日本堂で朝ヨガをしました。

昨日から、緊張?で気持ちがソワソワしっぱなし。
体を慣らさないとと思って朝一番に一本自主練。
モリモリ朝ご飯を食べて、それでもソワソワ収まらず庭のそうじ。

そうじは良い。
なにより気持ちが良い。

お寺も凛としている感じがして好き。

ヨガを始めて依頼、堅い体を1日1ミリと先生に言われ、どうしても開脚がしたくてY字がしたくて始めたら、少しづつだけど、なんか体と心の変化に気がついてきた。

まだまだ学ぶことはたくさんあるけれど、

お寺でヨガできたら気持ち良さそう。

それって寺起こしにつながるよね。

そんな小さな夢を叶えれる時期を待っていました。

私一人では叶えれない、活かしてもらえる人がいてこそ夢はカタチになっていくのかな。

今後の進行も考えていこう。

でも、まだまだ学ぶことがたくさんある。

頑張ろう。

2010年9月14日火曜日

9月25日/お寺で朝ヨガ・夜坐

月に星が眩しい夜です。

秋風気持ちいいな〜。

変わりゆく季節の中で、風が一番心地よい時期。

心の中で温めてきた思いを少しずつ秋風に乗って企画してみました。


寺起こし企画
−−−−−−−−−−−−−−−−−
9月25日(土)
−−−−−−−−−−−−−−−−−
お寺で朝ヨガ
9時〜10時
本堂
ヨガマット又は大きめのバスタオル持参
500圓
−−−−−−−−−−−−−−−−−
夜坐
20時〜21時
本堂
坐禅のしやすい格好
300圓
−−−−−−−−−−−−−−−−−
お寺を身近に。
若い世代に向けた企画です。

お問い合わせ先:林陽寺
岐阜市岩田西3−402
058-243-1380
rinyouji.com

ceviche

本日夕食当番。
むしょうに食べたくなったceviche。

メキシコ人ハーフの姉さんに教えてもらったよ。

南米の定番料理。
白身魚をレモンでしめたもの。
マリネってやつ?

このまま食べたり、チップスにアボガドとマヨとのっけて食べたり。

本場は30種類もバリエーションがあるらしい。

もうちょいピリ辛目指すぞ!
あのsalsa verde (緑色のサルサ)の味を出したいのー。
どうやるの?


本日のスペイン語
ceviche (セビッチェ)...料理なのでセビッチェでそのまんま。
白身魚の他に、海老や蛸とかも美味しい。
色んなサルサソースで楽しんで。

南米行ったら一度は頼んでねー。



還暦祝い


母親がついに還暦を迎えた。

そんな母親に贈った父親の30本のバラの花束。

なんで30本?

そんな質問に、

60本は多いやろー。

と照れながら言う父親。

そんなカッコいいことができる父親に。

家族全員、尊敬。


照れながらも嬉しそうな母親。

今日はとびっきりの笑顔だね。


そして、そんな大切な記念日を

一人も欠けることなく、全員で、そして健康に迎えれたことに。

感謝。

過ぎていく時間が普通のようで、
あ〜幸せだ〜と感じた。

2010年9月4日土曜日

寺ヨガ

そよ風そよそよ。

まだ暑いけど。
時間を見つけてはヨガでストレッチ。

暑いから体がよく伸びる〜

今日は本堂貸し切りです。
こんなことが寺ムスメの特権なり。

みっちりやると1時間半くらいかな。

しっかり汗かいて、頭スッキリ。気持ちも穏やか。

ワンと言ってみろ

最近、炎天下のため通勤場所が駐車場から台所のお勝手口になったサクラちゃん。

駐車場よりよく会うようになった。

「サクラ♫」

と呼べばひょこっと顔を覗かせる姿がベリベリキュート。

だから無駄に名前を呼んじゃうよ。

私「サクラ♫」
サクラ「御用ですか?!パンですか?!」

私「何でもないよ〜」(いじわる)


しかし、今日のお昼は笑えた。

無駄に名前を呼ぶ人ナンバー1の父親。

「サクラ!」

パンをちらつかせ。。

「お座り!」

「ワンと言ってみろ!」


へ?

ワンですか?
お手じゃなくて?


ワンと言わないサクラ(そりゃそーだ)に、

再度。

「ワンと言ってみろ!」

だから、ワン?
真似をしろってこと?
それともそのワンは欲しいって言えってこと?

なに?!テレパシー?!
ワン会話?!
どういう意味???

結局サクラはワンも言わず、お手もせず、パンもらってたよ。

振り向きざまの父親は満面の笑み。

ま、いいけど。

父よ、テレパシーならば、まだまだってことだよ。

2010年8月31日火曜日

サルサレッスン

スペイン人サラ先生の代行で、夏休み期間中スペイン語クラスを代行中。

カルチャーをテーマにComida (料理)・Música (音楽) とちょこっとメキシコのすきま文化を覗いてみましたが、

本日最終日は、¡SALSA!

イエイ♫


サルサの歴史を通して、ラテン音楽の歴史の旅をしてみようかと思います。
サルサの前にはハバネラ、ダンソン、ルンバ、ソン、マンボ、チャチャ、パチャンガ、サルサ、メレンゲ、バチャータ、と意外とサルサの歴史は浅い。

そこにはキューバの4世紀に渡る奴隷の歴史とアメリカ・キューバの国交が途絶えた時代背景が...。

音楽の旅、そしてサルサミニレッスン。

ヨガを交えた骨盤中心のストレッチから、サルサの基本ステップ、
後は音楽を感じて、

¡Gozar la música! (ゴサール ラ ムシカ!)

音を楽しんで!


柳津生涯学習センター
本日 13時〜14時30分


もちろん、クラスは全てスペイン語で行います。

楽しみだ!!

2010年8月30日月曜日

松乃屋


少々バテ気味。

松乃屋さんのアイスでパワーチャージ。
カップにてんこ盛りで200圓!!
通称:バクダン。

財布に優しいうえ、場所も和む。
ちょこっと涼みに。

レトロです。


和菓子屋松乃屋

岐阜市長良93−2
長良川の鵜匠さんの里近くにある、和菓子屋さんのアイスクリーム。
使用する水や材料にもこだわりがあって、サラサラのさっぱりとしたアイス。

モナカアイス 120圓
バクダン 200圓

夏休み子ども禅のつどい レポート

今年も無事終わりました〜。

いやいや、暑かった。
猛暑の中、去年より半分以上も人数が増えて賑やかな日となりました。

去年よりも、また一回り大きくなって来てくれた子たち。
やっと年長さんに上がって楽しみにこの日を待っていてくれた坊や。
肝試し役をお願いした6年生の女の子たちは気合い十分で参上。

いやいや、子どもたちの気合いでテンション上がったわ。

暑い昼下がりの猛暑の中、最初は汗だくで坐禅体験。



近くのお寺さんの若和尚が助っ人役で登場。
ピシッとしてて頼りになる〜


お楽しみに選んだのは頭脳遊びのソリティア。
はまると面白いんだけど、ちょっと難しくて、
若和尚さんも頭をかかえちゃったわ。あらら〜


ほてい様きれいにゴシゴシして。

おーい、つったってるぞー。


庭のしだれ桜の葉っぱを掃いて。

おーい、つったてるってばー。

というのはウソで。
きちんとお掃除しましたよ。


みんなで協力して作ったカレーは美味しかった!

最後にお皿にお茶とタクワンを入れてきれいにクルクルと器をお掃除して、そのお茶もゴックン!

これがイヤなんだよね。
濁ってて、おいしくない。

でも、みんなきちんとできていたので感心!

それも、自分の体が健康でいられるお薬である、というのと洗う時の水の量を減らすという無駄を少なくする仏教の教え。


今年は男の子が多かったからね〜
遊ぶ遊ぶ。
夏休みでエネルギー余りまくり。
寺ムスメ一人じゃ手におえーん。

若和尚さん即興の「動物ものまねゲーム♫」
若和尚がもう一人増えて大人チームの助っ人も4人!

頼りになるわ〜


和尚も負けていられません。
ピシッと場面を変えて、正座をしてお経。


そして、夜坐。
少しだけ、昼より長めに。


花火をして暗くなるのを待ったところで、

私「肝試しの説明をしまーす。」

6年生との念入りな作戦会議もバッチリ。彼女たちはソソっとお墓の方へ。

私「4年生以上は一人で行きます!」

と言ったら...なんと大大ブーイング!

その中心は...4年生の男の子たち...。

男の子「絶対一人はいかん!!いかんったらいかん!!」
さっきまでめちゃパワフルに遊んでたやーん。

そしたら、

お隣の女の子「いいよ〜、一人で。」

なんともあっけらかん。
君、将来は期待できるよ。

この違いはいったい何か。
草食男児はすでにここから始まっているのか?!

許しませーん。

私「あかーん。一人で行きなさい。これは肝試しよ?!意味わかってる?!」(鬼..)

6年生の女の子たち準備万端。

水鉄砲。
カメラのフラッシュたく子。
キャーとか、ホーホーって言う声だし。
氷水で浸した布をピタっとくっつける人。
最後に若和尚が背後からおどかします。

なかなか考えたでしょ?

しぶしぶ一人で行く男の子達。
強気な発言がお墓じゅうに...飛ぶ。

「おい!そこにおるのわかっとるんやぞ!」
「見えとるぞ!」

そうやって、大きくなっていきなさい。

時には恐さも必要です。(やっぱし鬼..)


そんなこんなで今年も無事事故もケガもなく終われました。

人数が増えた分、課題も残った。
けれど、自分が見れる範囲のスタンスを守って、
楽しく、括ちょっと厳しく、
夏の思い出をお寺で作る。

でも、楽しかった方が大きいかも。

京都からお手伝いにわざわざ来てくれたお友達。
いつもパワフルな美濃のお友達。
そして、頼りにしています、若和尚さんたち。

少しづつ、こんな風に頑張っていける仲間が増えていくこともとても嬉しい。