2016年3月25日金曜日

駐車場について

『駐車場について』

桜は満開です。
明日はみなさん、お待ちしております。


駐車場はお寺の前に第一駐車場、
お寺前の畑側に第二と第三駐車場、
その他神社や土手側に停めてください。


駐車場係がいますので、
わからないときはスタッフに声をかけてください。

よろしくお願いします◯

寺café shops情報 -おひるごはん-

Çavasiba

粉と塩と水だけでも美味しい天然酵母の石窯パン。
こちらも毎回寺cafeで列をなすパン屋さん。

『Çavasiba(サヴァシバ)農夫が焼く天然酵母の石窯パン / 一宮』

練り込む素材などは、
自分たちで育てた野菜や豆、
その他オーガニックのものを使っています。
美味しくて楽しくなるようなパンを作っています♪

寺カフェには、石窯で焼いたハードパン、
自家栽培した小豆やさつまいもを使ったあんパンなどをお持ちします。



寺café shops情報 -おひるごはん-

『neshian』

池田山の麓にアトリエを構え、
週一度の営業、ケータリング、
素材を生かしたお料理の作家さん。
アトリエからの朝陽におもわず手を合わせました。

『neshian スパイス香る自家製カレー / 池田』


food
キーマカレー
ミントカレー
春野菜のココナッツカレー
自家製ハムと有機人参のマリネ(限定5食)

drink
ノンアルコールビール(ナチュラル製法)
100%りんごジュース
(店主 大野ひろみ)

寺café shops情報 -のみもの-

『糸CAFE』

郡上八幡のメインストリートに在る糸CAFEは、
まるで交差点のように
人と人が繫がり合うような場所。

『糸CAFE オーガニック&フェアトレードcoffee / 郡上八幡』

長良川の上流の町、郡上八幡から今年も寺カフェに出店します。
「糸CAFE」は、「ヒト、コト、モノをつなぐ場」を目指し
2014年にオープンしました。

当日は、オーガニック&フェアトレードのコーヒーを始め
郡上らしい春のお飲物もご用意して、
みなさまのお越しをお待ちしております。
(店主 上村彩果)







2016年3月22日火曜日

寺café shops情報 -おやつ-

『うりちゃんのおぜんざい』
寺café shops情報 -おやつ-


一杯のおぜんざいが
幸せな気持ちにさせてくれる。
そんなことって、そうそうないことだと思う。


『林陽寺 うりちゃんのおぜんざい お抹茶/ 岐阜』

それは作り手の愛を感じるとき。
みんなうりちゃんが大好き。



寺café event情報 -11:00〜11:30/ 14:00〜14:30-

『桜井まみ』
寺café event情報 
-11:00〜11:30/ 14:00〜14:30-


岐阜県生まれ。
京都、和歌山県高野山での生活を経て
現在鹿児島県在住。


歌を中心に、ウクレレ、カリンバなど
小さな楽器を鳴らし、演奏する。
“土地とうたとのつながり”を、時に深く、
時にとても遠回りな方法で探索中。


CD「寝耳に銀の刺繍」
DVD「たねのたね」を発売している。

「銀の刺繍を見つけるワークショップ」
などのワークショップも不定期開催。
2015年春から夏にかけて、
北欧エストニアにて滞在制作をし、
サウンドインスタレーション「Basho」を発表。


「たねのたね」制作発表では、
高野山の表具師加世田よしひと、
兵庫県姫路市のアクセサリー作家SAWAとの
コラボレーション展示を行う。

また、アクセサリー作家SAWAの音楽家名義、
澤為太郎のCD「星と木霊たちのうた」では、
2曲ヴォーカルを担当。
現在共同展示に向けて試行錯誤中。


3月27日(日)に郡上八幡の糸カフェにて、
エストニアでの体験をお話しするお話会、
エストニアと日本を わ でつないでみた」を開催予定。

DVD「たねのたね」
澤為太郎「星と木霊たちのうた」http://shop.ameto.biz/?pid=97695035



寺café shops情報 -おやつ-

『ビッカフェsoto』
寺café shops情報 -おやつ-


やながせ倉庫からはこちら!

『ビッカフェsoto 古本 スコーン/ 岐阜』

卵、バターを使用しないスコーン屋さん、
やながせ倉庫のビッカフェsoto。
季節の果物や野菜、
素材にこだわった材料をつかって作っています。

ビッカブックスは
コーヒーに合う普通の古本屋さん。
絵本も沢山持っていきます


看板息子と一緒にお待ちしております
(soto店主 ちぃ&息子わっくん)





寺café event情報 -13:00〜13:30-

『特別出演: 後藤直弘』
寺café event情報 -13:00〜13:30-


おどり屋形で唄い続けて50年。
唄名人がお寺の本堂で繰り広げる郡上節。
踊り助平、寄っといで、踊っとくれ、一足早く踊りの季節到来!


『特別出演: 後藤直弘 郡上節名人/ 郡上八幡』

後藤さんの唄がお寺の本堂に響き渡るのが楽しみです。
(写真提供 堀義人 GoodJobLab.)




2016年3月20日日曜日

大西監督 家族の軌跡 〜3.11の記憶から〜

池田町のカメラマン、
大西さんに東北の炊き出し支援に連れて行ってもらったのは
今から3年前。

そのとき、映像として記録を残してくださいと
東松島の方々にいわれていた大西さん。

あれから3年、
大西監督の家族の軌跡 〜3.11の記録から〜
仕上がるという報告を受け、上映会に行ってきました。

http://teramusume.blogspot.jp/2013/05/blog-post.html (一日目)
http://teramusume.blogspot.jp/2013/05/blog-post_14.html(二日目)
http://teramusume.blogspot.jp/2013/05/blog-post_3968.html(二日目)

帰って来てから
3年前のレポートを読み返していました。

監督と炊き出し支援に行ってから、
わたしは二度目の訪問をする勇気をもてませんでした。

大西監督の使命感、思い、取り続けた姿に
心から敬意を表す気持ちでいっぱいです。

その後に、ガザ出身の方とお話をする機会がありました。
文化人類学の先生で世界中の大学で教壇に立たれている方。

こういった高学歴をもたれているから
外にいられるというラッキーなようで
国にはもう戻ることができない人がいる。

戦争、天災、自分の意志とは裏腹に迫る現実に
どこにも思いをぶつけられなく、
居場所を見つけることができない
人たちが沢山いる。

優しい顔の後ろに
背負いきれない
やりきれない気持ちを沢山抱えている。

そういった人たちがいるということを
忘れてはいけないんだ。

そんな人たちを思えば
自分の悩みなんて
できなくって落ち込むことなんて
ちっぽけなもので
恥ずかしいと思わないと。

自分を過信してはいけない。

誠実に自分の塩梅で
前向きに生きる生き方を
何が起こっても真の心で
立ち向かえる精神力に気力を
養っていきたい。

弱い自分もコンプレックスも喜んで招き入れてあげたい。

2016年3月19日土曜日

インフルエンザ

桜が咲き始めました。
木蓮は満開です。
今日は優しい柔らかな光の午後です。

一週間インフルエンザで寝込んでしまいました。
あーあ。
全ての予定をキャンセルしてスイッチオフ。

熱と咳と横隔膜痛と筋肉痛。
身体はとにかく敏感で
少しでも仕事をしようとするならば
熱をあげるという、
なんてレスポンスの早さ。

ここは素直に降参。

ようやく美味しい物が作りたくなり、
きな粉クリームとラムレーズンを挟んだ
ホロホロきな粉クッキー。

誕生日のあの子へ。

美味しい物が食べたくなり始めたら
回復の証。


寺caféまで一週間。
来週は見頃を迎えそうです◯

お山が桜色に染まりそうですね。

寺café ships情報 -たいけん-

『巫女の手』

もしも見えている世界はたったの一割で、
見えていない世界で九割も私たちが生きているとしたら。
元巫女さんのお手当です。

『巫女の手 整体 靈氣 リーディング/岐阜』

当日のmenu

◯整体
おもに頭をゆるめることで、
全身の緊張をゆるめます。
野口整体を源流とした整体です。

◯直伝靈氣
岐阜県山県市発祥の元祖お手当
自然治癒力が高まります。
(おからだのメーッセージ付)

◯リーディング
10分間のプチセッション
ガイドスピリットからのメッセージをお伝えしたり
お悩みに合わせたガイドをさせていただきます。

『出店場所』はお堂の一番奥
”ぶびんが”さんと”アトリエキク”さんの後ろ側です。

わたしが施術中の場合は、
入り口の予約表にお名前を書いておいてください。
(巫女の手)

寺café shops情報 -おかいもの-

『石徹白洋品店』

人口270人の農村で電力自給率100%
小さな農村の小さな革命が
今全国に勇気と希望を届けてくれています。

そんな石徹白から
小水力発電の紹介と
カンボジアの蘇るクメール伝統織に魅せられ
根のある暮らしを求め
石徹白へ引き寄せられるように移住された
岩地区の先輩に来ていただきます。

『石徹白洋品店 野良ズボン「たつけ」/郡上石徹白』




・たつけ
(石徹白野良着ズボンを復刻)

・みかんせんべえ/つぶもろこし
(石徹白で水力発電の電気で使って作っている加工品)

・ガラ紡グッズ
(オーガニックコットンのふわふわやさしい肌触り)

寺café shops情報 -ワークショプ-

『陶房蟲蔵 & 展示』

どこか軟体動物や昆虫を連想させる
大野裕之さんの陶芸。

竹林に囲まれた工房から、
小さなお皿と
大きな変わったオブジェを
引き連れてきてくれます。

『陶房蟲蔵 ちいさなお皿作り/岐阜』
『大野裕之/陶でできた丸いものたち』

小さなお子さんも楽しめるお皿づくり。
泥で絵付けをしたり、
拾ってきた葉っぱで模様をつけたり。

楽しんでね。





2016年3月13日日曜日

寺café shops情報 -おやつ-

『Petit Paris』

店舗を持たない焼菓子屋として、
毎回寺caféでも列をなす人気のお店。

『Petit Paris カヌレとフランス菓子/郡上八幡』

大好きな地元・郡上八幡の素材を使った
焼菓子をお持ちします。
当日は限定で色々な焼菓子が入った
寺caféセットをお持ちする予定です。
(店主 みきより)

素材選びからパフォーマンスまで、
彼女の感性には
見てきたフランスのお菓子文化を
垣間見るようです。






寺café shops情報 -おかいもの-

『LICO LICO』

木を伐採するたびに
悲しくなるから
プランターを育てるんだ。

『LICO LICO 庭師のプランター/岐阜』

優しい庭師さんのプランターが集まります。
奥さんが営む小屋のようなcafeもとても居心地がいいの。


木歌ちゃんと琉球犬のチャチャ。


雪の日
雨の日

いろんな音が小屋に響いて
一杯の珈琲を飲む時間

寺café shops情報 -おひるごはん-

『cafe HIFUMI』

岐阜長良に1年前にオープン。
モーニングにランチは、
色鮮やかでとても健康的。

『cafe HIFUMI 有機野菜のvege焼きそば/岐阜』

農家さんから直接届く
季節の野菜をたくさん取入れた
春のvege焼きそば。

ジャマイカ帰りのオーナーのお話も聞けるかも。


2016年3月11日金曜日

ミモザ

生きる日常の世界は
いろんな色で満ちていて
気ままなこころ色は
ふとしたことで
混ざりあっていく

ミモザをいただいたの。

わたす想い
いただく想い

また 他者へとわたしいく

Pass the baton.


その花の完璧なバランスも
その完璧な容姿も

すべては粒子が織り成す幻想の形で
視覚を通して
内側へとおろしていく

そのこころさえも粒子の集まりで
目にはみえないなにかを
つかまえにいくの。

外側の世界の音をすべて受け入れて

今 響く内側の粒子の集まりを
つまかえにいくの。

そこに本当の意味で
今 その粒子の集まりの自己が
喜び 踊りだす起点があるの。

明日はワンコイン修行のヨガの日です。
9:00〜10:00

おでかけしてね。

2016年3月7日月曜日

寺café event情報 

杉本直之さんと開きます。

夜の桜とヨガとクリスタルボウルの響き。

『夜桜yoga × クリスタルボウルlive
〜無音と波音の間〜』

26日(土)17:00受付 17:30開演
4500円1ドリンク付
(ペア割8000円/2名様)
※24名限定


静かに移ろい暮れていく夜に
無音のなかに広がる呼吸音と
波のような水晶の流れゆく音と響いていきます。




▪︎杉本直之(クリスタルボウル奏者)
10代にバンド活動で始めたギターから、
クリスタルボウルとの出会いによって
「聴く音楽」から「効く音楽」
という意識が加わり、
豊かな倍音の響きで心身の浄化へ導く
サウンドヒーリングの分野へと活動の場を広げる。
浜松市在住


空きはわずかです。
お早めにご予約ください。

y.iwamizu@gmail.com

寺café shops情報 〜おかいもの〜

『ぶびんが』
寺café shops情報 〜おかいもの〜

ぶびんがのセレクトは、
古いものと新しいものが
心地よく混ざりあい、
今までの自分と
これからの自分を纏うに
ぴったりなひとつに出会えます。

『ぶびんが 冷えとりグッツ かご ナチュラル衣料品/岐阜長良』

ヨガウェア
冷えとりコーディネートなど
華やかなお祭り気分で、
春の特別sale商品の掘り出し物を探してね。
メンズの冷えとりも充実しています。


岐阜長良にひっそりと佇むぶびんが。
ここから夢のワンダーランドがはじまります。


春のナチュラル衣料も充実。
この椅子気になります。


異国情緒溢れる店内。


エプロンスタイルもいいですね。


3/19、20のサンデービルジングマーケットもぶびんがは、
二日間の夢のようなお店になるそうです。
春の彩りに見ている気持ちも華やぎます。

2016年3月4日金曜日

寺café追加決定(最終)

『ひるがのラシェーズ』

ひるがの高原から
ひょっこりおいちゃんやってくるよ。
みんなのラシェーズ◯

『ひるがの高原 君だけにラシェーズピザ/郡上高鷲』

相変わらずひょっこり感満載な
おいちゃんに会いにきてね!


羊のゆきちゃん。
いつか羊のチーズが並ぶ日を心待ちにしております。


牛舎を改装した店内。


詩的な窓からの眺め。


こんなかわいいお店に
こんなおいちゃんがいらっしゃいます。
自慢のお店の写真を送ってきてくださいとのお願いに、
本人いわく超イケてる写真を送ってきてくれました。
(写真はあえて小さくしました)

目がつぶれてしまったのでしょうか。

今日も元気なひるがのラシェーズからでした。
ありがとうございました。